ブログ
Blog

東洋医学事始め

風邪の治し方を知っていますか?その1:ただのカゼって何?


『新型コロナウィルスはただの風邪(かぜ)だ』とか『いやいや、そんな呑気なことは言ってはいけない!恐ろしい感染症だ!』とか色々な意見が交わされて、正直食傷ぎみの方も多いことと思います。。。


一般的に現代医療でいわゆる「ただのカゼ」と言われるものは、せき、鼻症状、咽頭痛など上気道症状を呈するものの一種で、自己免疫により1〜2週間くらいで自然治癒するものを指します。典型的な症状として、のどの痛みや不快感、鼻水・鼻づまり、咳、くしゃみ、微熱などがあり、感染してからの発症までに潜伏期間が2〜4日程度から1週間、自覚症状が出るまでに24時間〜48時間、症状のピークは3〜4日目、7日目には著明に改善します。ただし、場合によっては3週間以上続くこともあり、感染したウィルスや細菌の種類と罹ったその方(宿主)の年齢や基礎疾患等の要因にもよります。

そして治療に際してはアレルギー性なのか、感染したものがどんな細菌やウィルスなのかを鑑別してお薬が処方されることとなりますが、

ウィルスに関しては特別な治療法はなく症状を緩和する対症療法が基本となります。つまり主軸はご自身の免疫です。

 

合併症として、急性中耳炎や副鼻腔炎、肺炎などもありますから、早めの対処が必要です。

 

この早めの対処、あなたはできますか?

/ / / /