TOP >  治療の流れと特徴

治療の流れと特徴

ひとみ治療院では、千年以上の歴史を持つ日本古来の
伝統医学をベースとした“経絡治療”を行っています。

経絡治療とは、脈やお腹など、お身体全体の皮膚の状態を診ながら、経絡(気と血という生命エネルギーが流れる生命活動の統制システム)の状態を把握し、あん摩や指圧といった各種手技療法や鍼と灸を用いて全身的な経絡の流れのアンバランスを整えることで、身体が本来持っている自己治癒力をしっかりと引き出してゆく全身治療です。

西洋医学的な、病状が現れている部分に対してのみ働きかける部分療法、対処療法とは大きく異なります。従って、肩こり、腰痛といった、鍼灸あん摩マッサージ指圧治療が得意と考えられている身体疾患に対してのみならず、胃腸の不調や婦人科系疾患といった内科的な症状や不眠やうつなどの自律神経症状、また原因不明の疲れやだるさ、更年期障害といった不定愁訴に対しても大きな効果が期待できます。

問診・望診・聞診問診票にご記入いただき、その日の状態、直近1週間、1か月の状態や体質などをカウンセリングいたします。

問診票ダウンロード
ご予定に余裕が無い場合は
あらかじめご記入の上ご持参ください。
ご不明点はご来院時にお尋ねください。

切診直接肌に触れ、脈診・腹診を通して内蔵や経絡の状態を把握すると共に、幹部の状態を把握いたします。

治療四診(望・聞・問・切)を踏まえ、全身の状態を把握し、その結果を元にオーダーメイドの治療をいたします。

※治療時の服装について
経絡あん摩の場合は身体を締め付けない、ゆったりとした服装でお受けください。鍼灸治療の場合はお灸の香りが衣服につきますので、お着替をご用意いただくか、当院でご用意しております患者着をご活用ください。